学校紹介

校区の概要学校の沿革学校経営方針委員会,クラブ,子ども会学級編制
<ボタンをクリックしてください>

校区の概要

校 章
 誉水(よみず)校区は南には虎丸山をはじめ讃岐連山を仰ぎ,その麓に源を発する2級河川与田川沿いに広がった自然豊かな農村地帯である。
 学校に隣接した與田寺は,四国八十八ヵ所奥の院であり,天平時代に開かれた由緒ある古刹である。
 学校の西,保田池の南の丘陵地帯には県立大川体育館やとらまる公園,とらまる座等の文化,スポーツ施設があり,地元だけでなく近県からも多くの利用客を集めている。
 校区で生産される水主米(みずしまい)は,豊かな水と適切な気温に恵まれ,良質米として県内外に名を馳せている。
 保護者は学校に対して協力的で,教育に対する関心も高い。








学校の沿革
明治 4年 大内公学を設立(三本松・中筋・川東村)
    5年 第四区小学校を創立(三本松・川東・中筋・西村・横内の5か村)
    6年 水主村円光寺の客殿に水主小学校を創設
    7年 済美小学校,弘義小学校,知新小学校の各校を設置
    8年 水主小学校を水蓉小学校と改称
   25年 誉水尋常小学校創立
       (明治23年水主,西村,中筋,横内地区が誉水村)
   36年 誉水尋常高等小学校と改称(児童数616名,修業年数4か年)

昭和16年 誉水国民学校と改称 二階建本館落成
   22年 学制改革により,誉水小学校と改称
   29年 丹生・誉水村の合併により,大内町立東小学校と改称
   30年 大内町・三本松町の合併により,大内町立中央小学校と改称
   31年 大内町立誉水小学校と改称(校区を一部変更)(児童数813名)
   39年 誉水小学校プール完成(25m 5コース)
   41年 笠松小学校を誉水小学校に統合(児童数472名)
   49年 香川県教育委員会研究指定校発表(指導方法)
   51年 体育館落成
   52年 鉄筋三階建新校舎落成
       ランチルーム落成
   53年 香川県教育委員会 研究実験校(学校給食指導)
   55年 学校給食優良校として文部大臣表彰
   57年 健康優良学校中規模校県一位表彰
   58年 健康優良学校中規模校全国優秀校の選定
   59年 道徳教育推進校(学校・家庭連携推進校)の文部省指定(昭和59・60年度)
   59年 香川県交通安全教育優良学校として,香川県教育委員会表彰受賞
   60年 運動場を東へ拡張
   61年 校内環境緑化補助事業完成(補助金51万円)
   62年 同和教育研究の大内町教育委員会指定
       (昭和62年度〜平成元年度)
   63年 同和教育研究の文部省指定
       (昭和63年度〜平成元年度)

平成3年 明治25年に誉水尋常小学校が創立されてから100周年
       大規模改修(外壁)
   4年 エレーベータ設置
   5年 大川郡学校群教育研究会大内グループの発表校
   6年 放送設備・校内電話設置
   8年 プール完成(25m 6コース)
   9年 環境美化活動の推進により県知事表彰
   9年 教室用(親)テレビ共聴設備改修工事完了
  10年 環境美化活動の推進により,日本河川協会より表彰
  11年 パソコン(21台)室完成
  13年 香川県よい歯の学校小学校小規模校の部準県一位の表彰
  14年 高速情報ネットワーク整備
  15年 3町合併(大内町・白鳥町・引田町)により,東かがわ市立誉水小学校と改称
  15年 「就学前教育と小学校の連携に関する総合的調査研究」の香川県教育委員会指定校
      (平成15年度〜平成16年度)








平成24年度 教育方針.








委員会・クラブ・子ども会
委員会 クラブ 子ども会
保 健  ミュージック  笠松 
生活・安全 ソーイング・調理  水主なかよし 
栽 培 うまのこ 虎の子
放 送  アート  ほがらか 
給 食  パソコン  なかよしチルドレン 
計 画  ボードゲーム  若 葉 
図 書  屋外スポーツ   
体 育  屋内スポーツ  中筋上 
掲示美化  杉の子 
10     中筋下 
11     つくし 
12     太 陽 
13      
14     ホープ 






























               学級編成(平成24年5月1日現在)
学級  1松  1竹  2松  2竹  3松  3竹  3梅  4松  4竹  4梅  5松  5竹  6松 6竹 合計 
 人数 21 20 23 22 18 19 20 22 21  21 23  23 256